子供の栄養不足を青汁で解消!そんな青汁の効果や種類を一挙公開!

青汁と聞いて、美容に気を付けている女性や生活習慣病に悩んでいる男性の方が飲むものとイメージしているのはないでしょうか。しかし、青汁は今では子供でも飲めるものなのです。子供のための青汁が開発され色んな会社から販売されています。

今では子供の野菜不足や栄養素が偏ってしまうことが懸念されていますので青汁の力を借りて健康な身体づくりをしようという親御さんが増えていますからぜひ参考にしてみてください。

子供に青汁を飲ませるのにはどうすればいい?

青汁といえばなんとなく「罰ゲーム」的な要素を感じて色も緑だし見た目だけで「苦そう」という先入観があり「飲んでみなよ!」と勧めてもなんだかんだ子供は嫌がって飲まないものです。

そんな子供にもどうやったら青汁を飲ませることができるのか頭を抱えている親御さんは多いでしょう。そこでここでは青汁をお子さんに飲ませる方法をご紹介します。

味を変える青汁レシピ!

青汁でも味を変えることでおいしく飲むことができます。さらにレシピによっては栄養素をさらに補うことができますから必見です。

①牛乳を入れて抹茶ミルク風にしてみる

76e2529c5753541368e01153ffe384ac_s

ほとんどの青汁が粉末タイプで販売されています。その分溶けやすさもありますので夏場は冷たい牛乳を入れてみたり冬はレンジで温めるだけでホットミルクと合わせるとおいしく仕上がりますね。

②ヨーグルト×抹茶も合う!?

ヨーグルトは少し酸味が強いイメージがありますが実はこのヨーグルトの酸味は青汁との相性抜群!もし、酸味が強くて嫌がるようでしたら蜂蜜を足してミネラルと糖分を足してみるのもいいでしょう。

→子供に青汁を飲ませたいお母さん!レシピを教えます

今はジュレタイプの青汁もある!?

青汁を苦手とするのには「飲む」という行為自体に抵抗がある人が多いという方もいます。もちろん大人が嫌であれば子供も苦手でしょう。しかし、今では黒糖抹茶青汁寒天ジュレというものが存在します。

これはゼリー感覚でスティックタイプなので持ち運びやすく大人にも大人気の商品です。また、ジュレなので子供にはおやつ感覚で飲めてしまうのがうれしいですね。
参考サイト:→KOWA黒糖抹茶青汁寒天ジュレ
黒糖抹茶青汁寒天ジュレを美味しく食べる!デザート感覚で栄養補給

ジュース感覚で飲めてしまう青汁をご紹介します。

子供にはやはり青汁は抵抗がありますがジュース感覚で飲めてしまうものならどうでしょう?自分がお子さんの立場だったらごくごくと飲めてしまいそうな感じがしますよね。そんなジュース感覚で飲めてしまう青汁をご紹介します。

飲みやすさといえば「えがおの青汁」!

110ce6d08d27199f43f6aa8c4077e4fb_s

青汁は飲みにくさという先入観があると冒頭でお伝えしましたがやはり飲みやすさがないと子供自身も続けてくれません。そこでえがおの青汁は抹茶風味で非常に飲みやすくなっています。抹茶風味だったら牛乳や豆乳をいれて飲むことができますね。

また、えがおの青汁は1回飲むだけで1日に必要な野菜350gを摂取することができるんです。現代の子供は野菜不足の子達が多いですから1杯飲ませるだけで野菜不足を補うことができます。

えがおの青汁は子供も飲める?気になる効果も発表

たっぷりの栄養素で子供の野菜不足を補う!

こどもバナナ青汁に使われている主成分は大麦若葉というものです。

実は大麦若葉は別名スーパー緑黄色野菜と呼ばれられるほど、たっぷりの栄養を含んでいます。普段お子さんに仕事で手料理を作れないときなどにはこどもバナナ青汁で足りない野菜を補うようにしてみてもいいですね!

こどもバナナ青汁は子供に最適?成分から考える

ミネラルを補給させるのならファンケルの青汁できまり!

青汁といえば「野菜不足を補う」ということが主になりますが実はファンケルの青汁は、主原料はケールです。実はケールにはミネラルがたくさん入っていることを知っていましたか?。ではなぜケールがミネラル補給にいいのかみていきましょう。

実はケールはミネラル農法で栽培しています。そのため子供に必要なミネラルがたっぷりと含まれているんですよね。ちなみにミネラルが不足してしまうとすぐにイライラしたり、キレやすくなってしまうのです…。そのうちのひとつに「カルシウムが不足するとキレやすくなる」とはこういうこと…。

もちろん不足しがちな野菜も補うこともできますから特に反抗期に差し掛かる前のお子さんには飲ませてあげるといいでしょう。

ファンケルの青汁は子供にぴったり?野菜嫌いのお子さんを持つママ必見

継続して続けられる青汁を選びましょう。

無理やり青汁を飲ますことは子供にとっては苦痛になります。

特に小さいころに食べたものや飲んだものって大人になっても嫌いなまま育ってしまいます。

ですからそのためにも子供自身が自らすすんで飲むような青汁を選んであげるといいでしょう。